日々のいろいろな日記。おいしいお店、食べ物やお料理、生け花などなど、いろんな趣味の日記です。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

インド(コルカタ市内)のバイク★町並み

2010-09-28 Tue 15:25
2010・9・28・火

やっと今日は何もなく、体調悪いままなので、昼間で寝てました。
起きてからもだるくって、だら??????っとしています・・・。

さて、ボチボチインドでの様子をアップしていこうかな・・・。

まず、コルカタ市内の様子。

2
交差点。
ここは、毎日ボランティアをしていた施設のそばの大きな交差点。歩道橋の上から。歩道橋を降りた所からオートリキシャーで移動します。
車、人、バス、バイク、人力車、リキシャー、いろんなものが自由に??行きかいます。
2日もすれば、上手く車やバイクの隙間をぬって歩けるようになりましたよ・・・。


2
何か分かりますか??
何か建物をつくるのでしょう。
足場の組みは・・・竹!!長い長い竹。
これで足場を作って建物を作るそうです。
しっかりした建物の骨組みの中は金属だそうですが・・・。



2
ここは、毎日ボランティア帰りに通っていた道にある、ゴミ捨て場??
結構大きい広場です。100mはあります。

あり得ない臭いがします。
車で通って、窓を閉めていても臭ってくるぐらいすさまじい臭いです。
いろんなものが捨てられ、もちろん排便もあり、腐敗しているのでしょう。
しかし、ここでゴミをあさっている人ももちろんいます。裸足で。
ゴミを捨てる人も入れば、ゴミを拾う人もいます。また、そばで路上生活をしている人もいます。
日本人には信じられない光景です。


2
交差点のいたるところに、こういう建物があります。
これは、警察官がいるところです。
信号はありますが、あってないようなところ・・・。
至る所の交差点で警察官が交通整理をしています。
インドの警察はめっちゃ大変です。




2
インドのバイク屋さんの前。あちこちにバイク屋があり、修理やさんもあります。
インド人にとって、バイクは欠かせないもの。
また、2人乗りは当然。4人5人とネイキッドタイプのバイクに乗ってます。
教習所のバイクについているようなバーが前方にあり、小さい子どもはタンクに座って、そのバーに足を乗せています。
朝によく見る光景は「子ども→お父さん(運転)→子ども→お母さん」という4人乗り。
そして、インドの女性はサリーが多く、またがって乗りません。男性の後ろに、横のり。
もちろん、9割がヘルメットなし。半袖半ズボン、サンダル。そして、大渋滞の中をクラクション鳴らし続けながらすり抜けていきます。道はでこぼこだらけでもお構いなしです。
HONDAをよく見かけました。「HONDA HERO]とかいてあり、125cc??オートマ。サンダルでミッションは無理ですよね・・・。


2
ヒンズー教のカーリー寺院の前の風景。バイクは警察のバイク。バイクの向こうに見えるのは、竹で組まれた足場のとこに、古くなった?サリー(6m)をくくりつけて、ブランコにして遊ぶ子どもたち。
もちろん裸足だし、男の子はズボンだけの子もいます。



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大津情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | バイク | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

<<インドのカレー★いろいろ | ひーちゃんのいろいろ日記 | 帰国2日後、GOツーリングの下見いってきました・・・456km>>
この記事のコメント
インドもバイクいぱーいなんですね
タイはそんなイメージ持ってましたが…

ゴミ捨て場は強烈ですねぃ
日本だと考えられません…
2010-09-28 Tue 22:58 | URL | レイニイ。 #tMW6SJuE[ 内容変更] | ∧top | under∨
この警察のバイクはロイヤルエンフィールドですね~デザインは1940年代後半からのモノですよ!
右チェンジでそう簡単には乗れるバイクじゃないと思いますけど…新車も買えます(^^;

そうそう、このバイクが誕生した頃…戦後まもない頃、日本の状況もこのインドと大して変わらんかったんじゃないかと思います(笑)
彼らには、これから成長する楽しみがあるね!って思います。
2010-09-28 Tue 23:49 | URL | やじ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
レイニイ。さん
おはようございます。
バイクは重要な交通手段ですね。コルカタ市内はバイクも車も95%は男性が乗っていますが、デリーとかいくと、女性も運転するようです。

ゴミ・・・。
あちこちにゴミ捨て場がありますが、どこでもゴミをあさって何かを集めている人がいます。
2010-09-29 Wed 09:36 | URL | CBR600F赤い翼のひーちゃん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
やじさん
おはようございます。
インドはまさに戦後間もない日本と言う感じかな・・・。新旧入り混じっていて、大半のお金のない人が厳しい生活や路上生活をしています。
乗り物を持っている人はお金持ちです。
物乞いも多く、でも、施設では路上の物乞いにあまりあげないように言われてました。施設にいる人のほうが生きるすべのない人たちだから。路上の人にあげていたらきりがないし、もらって生活できると思って自立しようとしないと・・・。瀕死の状態の人は施設に運ばれてくるのです。
たしかに、路上にいる人の体には肉がついていました。施設の老人は、まさに骨と皮です・・・。
2010-09-29 Wed 09:40 | URL | CBR600F赤い翼のひーちゃん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
なんか荷台の車輪が木製っぽいですね

タイはだいたいスポークホイールなんですが、インドはさまざまのようですね

でもエンジンはカブ!のよーですね

ロイヤルエンフィールドは味があってなんというかレトロフィーチャーって感じですかねイギリスの本社は潰れてしまったけど、インドではな~んにもかえずず~~っと同じバイクを造っていたんですね(日本ならすぐカイゼンして違った型をだすんでしょうね)
2010-09-30 Thu 01:44 | URL | ペリカンドーロ #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
ぺりかんさん
おはようございます。
インドは、建物も乗り物も、イギリス植民地時代の名残がいっぱいです。イギリス人は嫌われていますし、イギリス人やアメリカ人が立ち入ると危険な地域もあるぐらいです。しかし、長年の植民地時代の建物や交通手段はいっぱい残ってますよ。
2010-09-30 Thu 07:49 | URL | CBR600F赤い翼のひーちゃん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ひーちゃんのいろいろ日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。